借金減額シミュレーターは怪しい?診断の仕組みや無料で出来るカラクリを解説

借金の悩みがあるなら借金減額シミュレーターを利用してみましょう。借金減額診断は誰でも無料で借金が減らせるかどうかが分かります。

SNS上では無料なのは怪しいなどという口コミもありますが、弁護士事務所が運営しているサイトなら安心して利用できます。

借金を減らす仕組みを把握できれば、借金の悩みから1日も早く解放されるはずです。

目次

借金減額シミュレーターとは。からくりや仕組みを解説

借金減額診断とは、あなたの借金が減額できるか、また出来るならどういった方法が最適かをインターネット上で無料診断してくれるサービスです。

借金が減額できるかどうかを無料で診断すると言っても、「嘘なのでは?」「怪しい」と感じる方も少なくないでしょう。

当サイトが実施した借金に関するアンケートによると、「現在の借金を減額できるのであれば、法律の専門家に相談したい」と考えている人は実に6割を超えています。

しかし一方で、借金減額診断には費用が掛かると考えている方が7割を超えていました。

結論から言えば借金減額シミュレーターは無料で診断できるのですが、多くの方が「診断は有料である」と考えているということです。

お金がかかると思っているものが無料でできるとは思いませんので、怪しく感じるのかもしれません。

借金減額シミュレーターはコンピューターが自動診断するわけではなく、弁護士や司法書士といった専門家がシミュレーションを行います。

法律の専門家が知識と経験をもとに借金問題を解決するための適切なアドバイスをしてくれるので、安心して利用することが出来ます。

利用するWEBサイトによって借金減額シミュレーターに必要な情報は異なりますが、以下の項目の入力を求められる仕組みになっている場合が多いです。

借金減額診断に入力する情報
  • 氏名(匿名可)
  • 電話番号やメールアドレス
  • 住んでいる地域
  • 借入件数
  • 借入金額
  • 借入期間

借入金額や借入期間が曖昧になっているなら、一度整理してからシミュレーションを行いましょう。

借金減額診断は、必要な情報を入力し結果が出たらメールもしくは電話にて連絡が届きます。情報の入力だけなら2~3分で終わるので空いた時間に手軽に利用できます。

その後、借金の減額手続きを行いたいと希望するなら、弁護士や司法書士に依頼をしましょう。

なぜ無料で相談ができるの?

なぜ、借金減額診断は無料で受けることが出来るの?と疑問に思う人もいるでしょう。

それは、申し込んだ人とサービスを提供している法律家の双方においてメリットを提供できる形になっているからです。

診断をすることによって、申し込んだ人は借金を減額できるかどうか知ることが出来ますし、法律家側はその結果顧客となる依頼者を獲得できるきっかけになります。

つまり、借金減額シミュレーターは弁護士や司法書士が初回の無料相談をインターネット上で行っているようなものという訳です。

弁護士や司法書士への相談となると敷居が高いと感じますが、ネット上で無料にてシミュレーションを行ってくれるなら利用しやすいでしょう。

減額が可能な場合は法律事務所に依頼しよう

実際に借金減額手続きを行うなら弁護士と司法書士どちらが良いのか気になると思いますが、結論から言うと弁護士に依頼することをおすすめします。

なぜなら司法書士が任意整理の交渉、訴訟ができるのは依頼者の借金および過払い金が140万円以下の場合と限られているからです。

また、司法書士が訴訟で対応できるのは簡易裁判所までとされていますが、弁護士はそういった制限がありません。

つまり、司法書士に依頼しても、借金および過払い金が140万円を超える場合や訴訟がもつれて地方裁判所に移ることになった場合、新たに弁護士に依頼しなければなりません。

そのため、初めから弁護士に依頼したほうが手間と費用が節約できるというわけです。

ただし、任意整理と過払い金返還請求の基本的な依頼費用は司法書士の方が安くなる場合が多いので、債務額が140万円以下の人は司法所事務所への相談もおすすめです。

借金減額シミュレーターが利用できる法律事務所5選

借金減額診断を受けて実際に依頼したいと思った場合、どこの法律事務所に依頼するのが良いのでしょうか?

ここでは、借金減額に強いおすすめの法律事務所5選を紹介するので、是非参考にしてみてください。

弁護士法人・響

弁護士法人・響は関東、西日本を中心に全国7カ所にオフィスを構える弁護士事務所です。

中部地方や札幌にはオフィスがありませんが、全国対応しているためどこにお住まいの方でも相談することが可能です。

弁護士法人・響には全40名以上の弁護士が在籍しており、中でも債務整理を得意とする弁護士が多数いるので、依頼者個人に合った方法で借金減額の相談を受けてくれます。

弁護士法人・響の借金減額シミュレーターでは、借入金額、借入期間、現在の返済状況を入力するだけで簡単に診断に申し込むことが出来ます。

スクロールできます
法律相談料0円
任意整理着手金55,000円〜(税込)
任意整理解決報酬金11,000円〜(税込)
任意整理減額報酬金減額分の11%(税込)

弁護士法人サンク総合法律事務所

東京都中央区に位置するサンク総合法律事務所は、第二東京弁護士会に所属する弁護士法人です。8名の弁護士が在籍しており、女性弁護士も在籍しています。

幅広いリーガルサービスを提供していますが、中でも債務整理をはじめとする借金問題を得意としている弁護士事務所です。

サンク総合法律事務所の所在地は東京都ですが、全国の都道府県に住んでいる人に対応してくれます。

サンクの借金減額診断は簡単なアンケート形式で完了し、診断結果は基本的に電話で受け取ることになります。

すぐに電話を受け取ることが出来ない場合は、その旨を伝えてメールで診断結果を貰うのも良いでしょう。

スクロールできます
法律相談料0円
任意整理着手金55,000円〜(税込)
任意整理解決報酬金11,000円〜(税込)
任意整理減額報酬金減額分の11%(税込)

弁護士法人プロテクトスタンス

弁護士法人プロテクトスタンスは全国の主要都市に9拠点を持つ大手の弁護士事務所です。

クライアント一人ひとりに寄り添い、質の高いサービスで問題解決へ導くハイレベルな法律サービスを展開しています。

プロテクトスタンスは、弁護士だけでなく司法書士や公認会計士など様々な分野のプロフェッショナルが集まる総合リーガル事務所でもあります。

もちろん、借金問題に強い専門家も多数在籍しているので、借金減額の相談も積極的に受け付けています。

弁護士法人プロテクトスタンスの借金減額診断は、チャット形式で進んでいく分かりやすいシミュレーターになっており、診断結果は電話で伝えられます。

スクロールできます
法律相談料無料
任意整理着手金55,000円〜(税込)
任意整理解決報酬金11,000円〜(税込)
任意整理減額報酬金減額分の11%

ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所は、東京、横浜、大阪に事務所を構える弁護士事務所です。

これまでに累計20万件以上の法律相談を受けてきた実績と経験豊富な弁護士が多数おり、依頼者から高い信頼を得ている事務所です。

借金問題についても実績豊富で、特に債務整理と過払い金請求を得意領域としています。

法律相談料無料
任意整理着手金55,000円〜(税込)
任意整理解決報酬金22,000円〜(税込)
任意整理減額報酬金減額分の11%

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所は借金問題を専門として扱っている司法書士事務所です。

借金問題専門の事務所として債務整理においても豊富なノウハウを持っているほか、依頼者それぞれの借金状況に向き合い安心して相談できる環境を提供しています。

通常、法律事務所の業務は債務整理の手続きまでですが、アヴァンス法務事務所では債務整理後の借入先への返済を管理しており、完済まで徹底的にサポートしています。

ただし、アヴァンス法務事務所は司法書士事務所なので、債務額が140万円を超える依頼者の債務整理手続きをすることは出来ませんので注意してください。

法律相談料無料
任意整理着手金11,000円〜(税込)
任意整理解決報酬金11,000円〜(税込)
任意整理減額報酬金減額分の11%

債務整理を依頼する法律事務所の選び方

借金減額診断の結果減額できることが分かり、法律事務所に依頼をしたいと思った場合どこの事務所に相談するのが良いのでしょうか?

結論から言えば、借金減額の相談は債務整理に強い法律事務所に依頼するのが1番です。

ここでは、借金減額に強い法律事務所を選ぶためのポイントを具体的に解説していきます。

借金減額に強い法律事務所の選ぶ際のポイント
  • 相談費用は適切か
  • 債務整理の実績が豊富か
  • 担当者は相談しやすい人柄か
  • 口コミや評判が良いか

相談費用は適切か

借金減額を依頼する際に、やはり相談費用については気になるポイントだと思います。

借金の問題を解決するために法律事務所を選ぶ際、一番重要なのは費用が安いかどうかよりも、相場と比べてその費用が適切なのかということです。

相談費用が相場と比較して格安の法律事務所は、債務整理の実績が乏しかったり、後で追加費用が発生するなどのトラブルが生じることも考えられます。

費用をチェックするときのポイントとして、着手金、報酬金、減額成功報酬金など債務整理にかかる費用の合計金額をしっかり確認することが必要です。

借金減額はこれからのあなたの人生において非常に大きな分岐点になりますから、適切な費用でしっかりと依頼を受けてくれる事務所を選びましょう。

債務整理の実績が豊富か

弁護士や行政書士は、債務整理だけでなく家庭問題や相続問題、事故の補償など様々な案件の依頼を受けています。

そして、医者に内科や外科といった専門分野があるように、法律事務所や弁護士にも得意な分野や専門性が存在します。

借金や債務の問題を解決したい場合、債務整理に特化した専門家に依頼することが非常に大切です。

債務整理を専門としている弁護士や行政書士が多く在籍している事務所は、実績も豊富である可能性が高いと言えるでしょう。

債務整理の実績が豊富な事務所を選ぶことで、成功率を上げるだけでなく適切なアドバイスや手続きを受けられる可能性が高まります。

担当者は相談しやすい人柄か

債務整理はあなたの人生に大きく関わる重要な選択です。だからこそ、信頼できる専門家に依頼することが不可欠です。

弁護士や行政書士の中には専門的な知識や技術はもちろん、相談者の気持ちや状況に深く寄り添い、親身に相談に乗ってくれる人も多いです。

こうした担当者の人柄や相談しやすさは、実際に手続きを行っていく過程において非常に心強く感じられることでしょう。

しかし、どれだけ評判が良い法律事務所であっても、自分自身が直接話をしてみないことには担当者と相性が良いかどうか分かりません。

そのため、無料相談など機会を利用して実際に担当してくれる弁護士と話すことで、自分の悩みや状況を一緒に解決してくれる信頼感を感じられるかどうか確かめましょう。

口コミや評判が良いか

債務整理や借金減額というデリケートな問題を抱える場合、成功体験や実際の結果を共有している口コミは非常に参考になります。

口コミを参照することで、自分と近しい状況の人が実際にその事務所で借金を減額できたかどうか、その過程での対応はどうだったのかなど具体的な情報を得ることができます。

しかし、投稿者に合っていた事務所が必ずしも自分に合うとは限りませんので、口コミはあくまでも参考程度で考えると良いでしょう。

口コミだけを盲信するのではなく、それが本当に自分の状況や希望に合っているかどうかを冷静に判断することも大切です。

借金減額シュミレーターを利用するデメリット・注意点

無料で診断出来て便利な借金減額シミュレーターですが、利用する上でのデメリットや知っておきたい注意点があります。

診断をした後に知って困らないように、あらかじめ確認しておきましょう。

借金減額シュミレーターのデメリット・注意点
  • 診断結果はあくまでも目安であり正確とは言えない
  • 弁護士・司法書士事務所から連絡がくる
  • 詐欺サイトに騙される可能性がある

診断結果はあくまでも目安であり正確とは言えない

借金減額診断は弁護士や司法書士が計算をしてくれるので正確性は高いですが、実際に債務整理などを行ってもシミュレーション通りの金額が減額できるとは限らないので注意しましょう。

診断を受けると入力したデータをもとに弁護士がシミュレーションを行ってくれますが、あくまでもこの時点で返ってくるのは簡易的な結果です。

実際に借金減額の依頼をした際には、より具体的に色々な情報やデータをもとに減額できる金額を算出してくれます。

借金減額シミュレーターの結果は嘘とネット上に書かれているのは、このように診断結果と実際の減額幅に差が出る場合があるからです。

また、借金している借入先や、滞納状況などによっても借金がどれくらい減額できるかは異なるので、あくまで借金減額診断の診断結果は目安と理解しておくと良いです。

弁護士・司法書士事務所から連絡がくる

借金減額診断はネット上で結果が見られるわけではなく、より詳しい提案をするために電話で結果連絡を行うケースもあります。

担当者と直接話をしたくない方にとっては抵抗があったり、家族に内緒で借金をしているなら電話のやり取りを聞かれるのも嫌ですよね。

そういった場合には、メールでの結果連絡を行っているサイトを選ぶと良いでしょう。

メールなら家族に疑われる心配もないですし担当者と話す必要もないので、安心して診断に臨めます。

詐欺サイトに騙される可能性がある

借金減額診断のなかにはシミュレーション費用を請求してきたり、契約時に高額な着手金を請求してきたりする悪質なサイトもあります。

そういった詐欺まがいのサイトの診断結果は間違いなく嘘です。引っかからないように気を付けてください。

特に運営元がわからないサイトは個人情報を抜いているだけというからくりを仕込んでおり危険です。

借金減額シミュレーターを利用する際には、弁護士事務所の住所や弁護士個人の顔写真や氏名などが掲載されているサイトを利用するようにしましょう。

借金を減らす具体的な方法を3つ紹介

借金を減額する際には、おもに債務整理や過払い金請求、おまとめローンといった方法があります。

それぞれ手続きの方法やメリットが異なるので、自分の状況に合った借金減額の方法を見つけましょう。

債務整理は返済能力に合わせて支払額を再調整する手続き

債務整理とは、借金の返済計画を再編成して債務者の返済能力に合わせた支払い額を調整する手続きのことで、借金減額の相談において最も選択される方法です。

任意整理、個人再生、自己破産の3つに分類され、個人の状況に応じてどの手続きをするべきか変わってきます。

任意整理

任意整理は、借金が返せなくなった時に貸し手と交渉して返済の条件を見直す方法を指します。

借金の全体を少しでも軽くしようと、月々の返済金額を下げたり、利息をカットするなどの交渉が可能です。

任意整理は、基本的に裁判所を通さずに弁護士や司法書士が代理人となって貸金業者と和解交渉を行ってくれます。

継続した収入を得られる状況で、元本を3年程度で支払えるのであれば任意整理をおすすめします。

個人再生

継続した収入は得られる見込みがあるものの、借金が高額で返済が厳しいのであれば個人再生(民事再生)を検討しましょう。

個人再生を行うには現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらう必要がありますが、借金を大幅に減額できる期待が持てます。

ちなみに住宅ローンを除いた借金の金額が5,000万円以下なら最大で10分の1まで減額される可能性があります。借主は減額された借金を3~5年かけて返済していく流れになります。

自己破産

収入が大幅に減少した場合や、職を失い継続した収入を得られない場合には自己破産も選択肢に入れましょう。

自己破産は返済できない事情を裁判所に認めてもらい、借金を免除してもらう手続きです。

ただし、持ち家や自家用車といった財産は手放す必要があることを理解しておきましょう。

さらに自己破産をすると資格制限をされるため、警備員や生命保険の外交員、宅地建物取引主任者といった職には就けなくなることに注意が必要です。

その代わりに借主は借金が一切なくなるので今後返済に悩む必要はありません。

過払い金請求は払い過ぎた利息を取り返すことが出来る

過払い金請求とは、過去に支払った利息が法律で定められた金利上限を超えていた場合に、超過分の返還を求める手続きのことです。

2010年6月17日以前に借入をしたなら、過払い金請求によって支払いすぎた利息を取り返すことができる可能性があります。

本来、消費者金融などでは利息制限法で決められた上限金利(15~20%)の範囲内で貸付を行わなくてはならないのですが、過去には出資法に基づいた上限金利(29.2%)を設定していた業者が数多くありました。

さらに利息制限法の上限金利を超えていても、出資法の上限金利内であれば刑事罰は問われませんでした。

2010年6月18日の改正貸金業法の完全施行によって出資法の上限金利も利息制限法と同じ20%となり、過去にさかのぼってグレーゾーン金利で返済し過ぎた分を取り返せるようになったのです。

なお、完済から10年以内なら請求が可能なので、心当たりがあるなら是非早めに相談することをおすすめします。

おまとめローン・借り換えローンなら利息支払い額を減らせる

弁護士や司法書士に頼まなくても、おまとめローンや借り換えローンを利用することで現在よりも利息の支払い額を減らせる可能性があります。

おまとめローンとは、A社、B社で借りている借金の合計金額を、C社でまとめて借りて返済するというローンです。その後はC社だけに返済をしていくという流れになります。

現在の借入先よりも金利が低い金融機関を選んで借金を一本化することで、毎月の返済が減らせるだけでなく、完済までに支払う総額も減らすことができます。

次に借り換えローンとは、現在の借入先から別の借入先に変えることが出来るローンです。

現在よりも金利が低いところに借り換えることが出来たら、毎月の利息返済額を減らすことが出来るので、結果的に借金を減額できることになりま安い

おまとめローンや借り換えローンは弁護士への依頼などがいらないので試しやすい減額方法と言えますが、減額できる金額は債務整理などの方法と比べると少額になります。

目次